◇サフランご飯とフリカッセ(マクロビ/グルテンフリー)◇

マクロビ/グルテンフリーのフリカッセ(フランス料理の白い煮込み)にサフランご飯を添えました。

〇作り方〇
7分づき米、サフラン、菜種油、水を合わせ、30分置き、炊飯器で炊きます。
ソイナゲットを熱湯で戻し、生姜、みりん、醤油につけます。
鍋に菜種油を熱し、玉ねぎをしんなり炒め、塩、こしょうし、ナゲットに米粉をまぶし、加え、炒めます。
玉ねぎ、マッシュルーム、カリフラワーを炒め、加え、炒め、白ワイン、水を入れ、10分煮ます。
豆乳を加え、一煮したら出来上がりです。

サフランご飯にパセリをちらしフリカッセを添えます。

おしゃれな一品ですがシンプルな味わいで食べやすいです。

こちらを習いたい場合はお気軽にご相談ください。
お待ちしております。

料理教室ikkuikko
アマモトヤスコ

◇味噌作り(レシピあり)◇

大豆、玄米麹、塩で味噌を仕込みました。

○作り方○
材料:
・有機大豆 500g
・玄米麹 500g
・塩 200g


1.大豆を洗い、柔らか目に煮ます。(親指と小指でつまんで潰れるくらい)
2.すり鉢とすりこぎ棒であたり、潰します。
3.麹を湯で戻し、塩とよくすり合わせます。
4.2と3をよく混ぜます。
5.大豆の煮汁を加え(味噌の硬さより少し柔らか目になるくるらい)、混ぜます。
6.団子状に丸め、容器に叩きつけ入れます。
7.蓋塩をします。
8.竹の皮で蓋をし、ラップで覆い、重石(全体の20%の重さ)をします。
9.和紙で容器を覆い、温度差の少ないところで保存します。
10.3ヶ月後に上下を返し、元通りにして保存します。

3ヶ月後から食べられます。
自分で作ったものを食べる時はとても愛おしくなり、より深く味わいを楽しめます。
時間をかけて仕上げていくものなので、原材料にはこだわりたいですね。

こちらは去年仕込んだ味噌です。

こちらを習いたい場合はお気軽にご相談ください。
お待ちしております。

料理教室ikkuikko
アマモトヤスコ

◇新年のご挨拶とおせち◇

新年あけましておめでとうございます。
本年も楽しく、ここちよい、暮らしを作り出していきたいと思います。

おせちを作り、お重に詰めました。

【一の重】
・おにしめ(大根、れんこん、干し椎茸、人参、里芋、こんにゃく、結び昆布、芽キャベツ、ゆり根)

【二の重】
・鯛きずし
・菊花寿し
・紅白かまぼこ
・数の子
・浸し豆
・千枚漬け
・田作りごまがらめ

【三の重】
・芋栗ようかん
・黒豆
・白花豆甘納豆
・柚子トランシュ
・落花生スパイシーがらめ
・ベラヴェッカ
・チョコ菓子

・お雑煮

楽しいお正月をお過ごしください。
本年もよろしくお願い致します。

2020年1月1日 令和三年 元旦

料理教室ikkuikko
アマモトヤスコ

◇芝蘭豆腐・豆腐の練ごま味噌添え(マクロビ)◇

芝蘭豆腐(湯がいた豆腐に練りごまと白味噌を練り合わせたものを添えたもの)を作りました♪

〇作り方〇
豆腐を湯がきます。
鍋にネギ、しいたけ、タヒニ、白味噌、酒を入れ、木べらで練り合わせます。
器に練りごま味噌をしき、豆腐を置きます。
大根おろし、七味を豆腐の上に乗せて、出来上がりです。

豆腐と大根おろしのあっさり感に濃い練りごま味噌がよく合います。
江戸時代に芝蘭豆腐(しらんとうふ)と言われ食べられていたようです。
簡単に作れてまた食べたくなる一品です。

こちらを習いたい場合はお気軽にご相談ください。
お待ちしております。

料理教室ikkuikko
アマモトヤスコ

◇チンゲン菜くるみ和え(マクロビ)◇

今が旬のチンゲン菜のくるみ和えを作りました♪

〇作り方〇
チンゲン菜、塩を加えた熱湯で湯がき、水分を絞りカットします。
すり鉢にくるみを加え、すりこぎ棒であたります。
みりん、しょうゆ、酢、昆布だしで味をつけ、チンゲン菜と和えたら出来上がりです。

淡白なチンゲン菜がとても食べやすくなります。
旬のものは柔らかく甘みもあります。
安眠効果もあるそうです。

こちらを習いたい場合はお気軽にご相談ください。
お待ちしております。

料理教室ikkuikko
アマモトヤスコ